banner icon

協力医療機関検索

Medical facilities

協力医療機関様のご案内

万が一、陽性の際は、協力医療機関様での受診をお勧めしております。

当所の取り組みや検査内容にご理解をいただき、ご協力くださっている協力医療機関様が全国各地にございます。​
万が一、検査結果に陽性項目があった場合には協力医療機関様での受診をお勧めいたします。​

協力医療機関様で受診される際は、必ずプリントアウトした検査結果報告書をお持ちいただきますようお願いいたします。有効な検査結果として扱われ、診察に当たるお医者様が特に必要と判断した場合を除きまして、改めて重複した検査を行わずにスムーズな診察・治療が受けられます。​
(状態確認の為、検査を必須としている医療機関様もございます。その旨は協力医療機関様一覧の備考欄に記載がございますのでご確認ください。) ​

お医者様が診察の際に現時点での検査が必要だと判断した場合、
同種の検査を行うことがあります。

【改めて検査が必要となるケースの例】
・結果報告から日数が経過しており、現在の状態の確認が必要となる場合​
・子宮頸がん検査の場合(医師採取による細胞診での状態の確認が必要となるケースが多いです。)​
・血液検査の陽性結果による受診の場合(多角的な方法での確認が必要となるケースが多いです。)

協力医療機関様を受診される際には、
必ずプリントアウトした報告書をご持参ください。

※スマートフォンなどの結果報告画面の提示では不可という医療機関様がございますのでご注意ください。​

よりスムーズな診察を行う為、受診される際は事前にお電話にて医療機関様へお問い合わせいただくことをお勧めいたします。

協力医療機関様での受診は早期治療開始による早期治癒につながります。

通常ですと医療機関様での受診の際は、診察時に検査を行い、検査結果が出てからの診断・治療という流れになります。協力医療機関様での受診の場合には当所の検査結果報告書をご持参いただくことでスムーズに治療開始が可能になります。

お医者様が特に必要だと判断した場合、同種の検査を行うことがございます。

検査には様々な方法があります。一つの指標として感度の点だけでみた場合にも、菌体量が少なくても陽性となる高感度検査から、菌体量がある程度の量になった場合にのみ陽性となる比較的感度の低い検査まで多種多様です。医師はその判断のもと状況に応じた検査方法を選択します。その為、同じ目的菌に対する検査であっても必ずしも同一の結果が出るとは限りませんので、診察の上で、特に必要と判断した場合には同様の検査が行われるケースがございます。​

治療後の治癒判定のための確認検査は、必ず治療していた医療機関様で受診してください。

性感染症には薬剤に対する耐性が非常に進行している原因菌が存在しています。そのため、一種類の薬剤では治癒に至らない場合がございます。性感染症に感染していても自覚症状がほとんど現れないことが多々ありますので、治癒判定の検査は非常に重要です。治癒を診断できるのは医師だけです。治癒判定の検査は必ず診察・治療をしていただいた協力医療機関様で受診してください。