banner icon

病気について

About disease

膣トリコモナス症

icon

膣トリコモナス症ってどんな病気ですか?

膣トリコモナス症は、トリコモナス原虫という病原微生物による感染症です。病名に“膣”とあるので女性の病気という印象がありますが、男性も感染する性感染症です。

more

膣トリコモナス症は、トリコモナス原虫による感染症で、古くからよく知られている性感染症の一つです。潜伏期間は1~3週間です。症状が無い症例があるため放置されてしまいやすく、女性では子宮頸がんの検査の際に発見されることもあります。
icon

膣トリコモナス症はどんな症状ですか?

・おりものの増加
・かゆみや刺激感
・膀胱炎症状

感染者の約半数におりものの増加強いかゆみ、外陰部・膣の刺激感などの症状がみられますが、残りの約半数程度は症状が無いといわれています。

more

女性が感染した場合、様々な経過をたどります。
おりものの増加や強いかゆみなどの症状がある症例もありますが、症状が無い症例や感染から数か月経過してから症状が出てくる症例など様々な経過をたどります。
感染者の約半数程度に症状がみられるといわれ、泡状の悪臭を伴うおりものの増加、強いかゆみ、外陰部・膣の刺激感などがあげられます。女性の膣内は乳酸菌により酸性に保たれることで雑菌の侵入を防いでいます。トリコモナスは乳酸菌を減少させてしまい膣内の酸性によるバリアが弱まることでにおいの原因となる雑菌が繁殖します。
icon

男性がトリコモナスに感染するとどんな症状ですか?

・無症状のことが多い

男性の場合、感染していても症状が無い症例が非常に多いのが特徴です。

more

男性では、トリコモナスは尿道から感染して上行性に精嚢前立腺などにとりつきます。 尿道炎前立腺炎を起こすことがありますが、女性と比較しても症状が無いケースが非常に多いのが特徴です。尿道にいるトリコモナスは尿の排出によって洗い流されることがありますが、前立腺や精嚢で棲息しているトリコモナスが尿道に出てくることで尿道炎が引き起こされると考えられています。
icon

トリコモナスはどのように感染しますか?

主に性行為によって感染しますが、タオルなどを介して感染する可能性もありますので必ずしも性行為によって感染するわけではありません。

more

トリコモナスは、主に性行為によって感染しますが、水分があると長時間生存できることから、タオルや便器・浴槽などを介して感染することもあります。ですから、幼児や性交経験のない女性でも感染者がみられることがあります。 膣トリコモナス症は、クラミジアなど他の性感染症と比較して中高年者にも感染が多く感染者の年齢層が幅広いのが特徴です。
icon

膣トリコモナス症はどんな治療をしますか?

トリコモナスの感染に対しては抗トリコモナス剤の内服や膣錠により治療します。

more

男性では、トリコモナスが前立腺などに棲息するため、経口剤してを服用します。女性でも、尿路へのトリコモナス感染の可能性があるため、経口剤しての服用が必要です。その他に難治例では膣錠してなども併用して用いられます。治癒判定は症状の消失だけでなく検査によりトリコモナスの消失を確認します。
icon

膣トリコモナス症は再発しますか?

再発を繰り返すケースも少なくありませんので注意が必要です。

◆再発の主な原因
・膣内にトリコモナスが残存していた
尿路に残存していたトリコモナスが膣に再感染した
パートナーもトリコモナスに感染していてそこから再感染した

more

◆再発の主な原因
・膣内にトリコモナスが残存していた女性の場合、治療後にわずかなトリコモナスが残存してしまうと、月経の際に月経血の中でトリコモナスが増殖して再び症状が現れることがあります。

尿路に残存していたトリコモナスが膣に再感染した女性では、膣だけでなく尿路にも感染を起こすことがあります。治療により膣のトリコモナスが消失しても、尿路に残存していたトリコモナスが膣に再感染することがあります。ですから、膣だけでなく、尿路のトリコモナスにも効果を発揮する口から服用する抗トリコモナス剤を用いた治療が行われます。

パートナーもトリコモナスに感染していてそこから再感染した男性では一般に無症状のことが多いため、放置されているケースも多いと考えられています。女性がトリコモナスに感染していた場合、高い確率でパートナーの男性もトリコモナスに感染しています。治療する際はパートナーの検査も行い、陽性の場合は同時期に治療をすることが大切です。